2017.08.18

ウェブデザインの参考にしているサイト(2017年)

ポイントは、見易さと検索のしやすさ ピックアップするときにポイントを絞りました。

  • アーカイブサイト自体の見易さ
  • 参考を探す時の検索のしやすさ
この2点です。 それでは早速紹介します。

良質すぎる MUUUUU.ORG

http://muuuuu.org/

クオリティが高く、国内外問わず取り扱い

取り扱ってるサイトがかなり良質です。 国内外問わず扱っており、数も豊富で更新頻度も高め。

検索は業種・デザイン・タイプのカテゴリーごと

かなり細かくカテゴリ分けしてあります。

シャッフル機能が面白い I/O3000

http://io3000.com/

更新頻度、扱い件数が多い

毎月20〜40件の更新です。 MUUUUUがビジュアルを前面に出したデザイン性の高いサイトを取り扱っているのに対し、 こちらは、それ以外にも日本のウェブサイトでよくある情報量の多いサイトも取り扱っています。

キーワード検索が強み

カテゴリーだけでなく、キーワードで検索できるのがいいですね。 また、「Shuffle」をクリックすると、更新日に関係なくランダムに並ぶようになります。 予期せず出会ういいデザインがあるのが魅力です。

WordPressサイトのアーカイブ WP Design Gallery

http://wpgallery.kachibito.net/

ワードプレスに特化したサイト

Wordpressのテンプレートに特化したアーカイブなので、Wordpress案件にはかなり参考になります。

レイアウトでも分けられている

カテゴリ分けは最小限。カラムで分けられているのはいいですね。

更新されていない…

もう長らく更新されていないようですね。残念です。

評価性を取り入れている Awwwwards

https://www.awwwards.com/

投票で決まるポイント

DESIGN(デザイン性)、USABILITY(使い勝手)、CREATIVITY(創造性)、CONTENT(内容)と4つの評価軸で、Awwwwards利用者が評価。 評価は投票で決まり、投票するユーザも評価によりランクが別れるため適当な評価ではないところがいい。

勉強は不可欠

いかがでしたでしょうか。 やっぱり、流行りのデザインを勉強すること、世界のデザインを勉強することはとても重要です。 デザインを勉強したり、迷ってしまったりしたら、今日ご紹介したアーカイブサイトを見てみるのもいいかもしれません。]]>