2017.09.11

ドメインの選び方

ドメインってなに? このウェブサイトでいうと「http://plife.studio/」の「plife.studio」がドメインのこと。 ドメインの末尾「.studio」「.com」「.net」「.co.jp」などなどはトップレベルドメインと呼ばれます。

ドメインとは、屋号のようなもの

よく、「ドメインとはインターネット上の住所のこと」と比喩されます。 これ、正しいようで正しくない気がします。 どちらかというと、屋号という表現が適正。 このサイトは「.studio」という村の「plife」さん。 「.com」という村や「.net」という村にも同じ「plife」さんがいることもあるのです。鈴木さんが隣町にもいる感じです。

ネット上の住所である「IPアドレス」では分かりにくい

インターネット上での「住所」を、IPアドレスといいます。 IPアドレスは数字のみで構成されており、その数字を全て覚えておくのは難しいです。 あのサイトは「192.168.xxx.xxx」、このサイトは「192.168.yyy.yyy」なんて覚えていられないので、覚えやすいように「ドメイン」を使うのです。

屋号から住所への変換はDNSがする

「plife.studio」という屋号を、インターネット上の住所である「IPアドレス」に変換する通訳がいます。 それがDNS(ドメイン・ネーム・サーバ)です。 インターネットという大きな街の中では、「あそこの村の鈴木さん」と言われても見つけられないので、 DNSが正式な住所に通訳します。 「あそこの村の鈴木さん(ドメイン)」=「日本のソーダ村のメロン地区30−2の鈴木さん(IPアドレス)」に変換する、みたいな感じです。

ドメインの決め方・選び方

ここまでの説明を読んだら、どういうドメインを取得すればいいか、よくわかると思います。 ドメインとは「屋号」です。 少なからず、サイトの中身や名称が想像できるものが適しています。 +Life Studioだから「plife.studio」なのです。 そこを「ohashikyosen.studio」にはしないわけです。 それを踏まえた上で、よくある決め方を書いていきます。

店や企業の名前をそのまま使う

世の中のドメインでもっとも多いパターンです。 名前をそのまま使うので、覚えやすいし入力しやすい。
  • 東京ディズニーリゾート http://www.tokyodisneyresort.jp/
  • SONY http://www.sony.jp/
  • PIXAR https://www.pixar.com/
ただ、日本語の場合ローマ字表記に揺らぎがあるので、ややこしい場合もあります。 例えば、「大阪」は「osaka」「oosaka」「ohsaka」などの想定がされるため、逆にややこしいです。

商品名やキーワードを使う

  • アイスマン福留(コンビニアイス評論家) http://www.conveniice.com/
  • 寝具のこだま http://www.anmin-ne.com/
 

ポイントは覚えやすくて入力しやすいこと

ドメインのポイントは、覚えやすくて入力しやすいことだと考えます。 入力しやすい、とは、「文字数が少ない」ということです。

トップレベルドメイン(TLD)の決め方

トップレベルドメインとは「.com」「.net」「.co」などなど、ドメインの一番最後に付いているもの。

主たるTLDと使用用途

TLD 概要 主たる用途
.com 「commerce」の略 企業や商用サービスを表す
.net 「network」の略 ネットワークサービスを提供する者を表す
.org 「organization」の略 非営利団体を表す
.biz 「business」の略 ビジネスを表す
.info 「information」の略 情報を提供する者を表す
.co 「company」の略 企業や商用サービスを表す

属性jpドメイン

属性jpドメインとは、TLD「jp」の前に、セカンドレベルドメイン(SLD)として別の文字が入るドメインのこと。
TLD 概要 主たる用途
.co.jp 「company」の略 日本国内で登記を行っている会社・企業が登録可能
  • 株式会社、有限会社、合同会社、合名会社、合資会社、相互会社など信用金庫、信用組合、外国会社(日本で登記していること)
.or.jp 「organization」の略 特定の法人組織が登録可能  
.ne.jp 「network」の略 ネットワークサービスごとに登録可能 サービスごとに一つのドメイン名を登録できます。 (同一組織でもサービスごとに異なるNE.JPドメイン名を登録できます)
.ac.jp 「academic」の略 高等教育機関、学術研究機関などが登録可能
  • 大学、大学校、高等専門学校、大学共同利用機関などの学術研究機関学校法人、職業訓練校、職業訓練法人
.go.jp 「government」の略 日本の政府機関や各省庁所管の研究所、特殊法人、独立行政法人が登録できます。政府機関は、一つの組織で複数のGO.JPドメイン名を登録できます。
.ed.jp 「education」の略 初等中等教育機関および18歳未満を対象とした教育機関が登録可能
  • 保育所、幼稚園、小学校、中学校、中等教育学校、高等学校
  • 盲学校、聾学校、養護学校、専修学校
  • 各種学校のうち、主に18歳未満を対象とするもの
 

属性jpドメインのメリットは、安心安全アピール

jpドメインのメリットは何と言っても「日本の企業や個人しか取得できない」という点 これは、世界レベルで見たときに「安心・安全」をアピールする材料に成りうるのです。 「日本の企業だから安心」という日本安心説は、世界ではまだまだあります。

しかし、日本国内ではあまり関係ない

しかしながら、日本国内向けであればあまり関係ないのです。 そもそもTLDを一般ユーザは見てないことが多いです。

で、TLDは結局何がいいか

分かりやすい「.com」か「.net」 日本らしさを押し出していくのであれば「.jp」をおすすめしています。 jpは運用費用が他に比べ高めなので、予算とにらめっこです。

新ドメインと日本語ドメイン

最近では「.com」などの定番のTLDだけでなく、このサイトのように「.studio」や「.today」などの新しいドメインも増えてきました。 さらにドメインに日本語を使う「にほんご.com」のようなものも増えてきました。 個人的にはかなり面白い方向性だな、と思います。

新ドメイン

新ドメインはこんなにたくさんあります。 本サイト「.studio」も新ドメインです。

メリットは「話題性」「関連付け」

  • 話題性
  • 地域、業種などとの関連付け
「.actor」「.finance」「.art」「.repair」「.global」…アピールするにはもってこいの単語が並びます。 「.actor」なんて、俳優しか使えませんが、俳優が使えば誰がどう見ても俳優のサイトのURL。

デメリットは「長いTLDがある」「登録できないサービスがある」

新しいから信頼性が…という説明のサイトもありますが、 先述の通り、ユーザはドメインと安全性を紐付けて判断していません。 ですので、デメリットは
  • 長いTLDは覚えにくい!
  • 新ドメインのメールアドレスが、ウェブサービス登録に使えないときがある
「.construction」「.restaurant」こんなの覚えられない!というか、打ち間違える! そして、一部のウェブサービスを登録する際に、 新ドメインのメールアドレスでは、メールアドレスとは認識されず登録できない場合があります。

日本語ドメイン

最近流行り?の日本語ドメイン。 日本人にしか通用しませんが、メリットもあります。

メリットは「日本人なら覚えやすい」

  • 日本人にとっては覚えやすい
  • URL自体が検索対策になる
  • ドメインの選択肢が増える
URLに日本語が含まれる = 日本語検索の検索対象になる というのが最大のメリット。 「ドメインの選択肢が増える」とは、 日本語には、「ひらがな」「カタカナ」「漢字」があるためです。 「プラスライフ」「ぷらすらいふ」「富羅須雷不」すべてが別の扱いです。

デメリットは「海外不向き」

言わずもがなです。

まとめ

無難に、運用コストも安く決めるなら
  • 企業名(お店)のローマ字 + .comまたは.net
面白く攻めたいなら、新ドメインを使うのもいいかも! です。  ]]>