2017.09.19

iPhone8/X搭載Qi(ワイヤレス)充電で変わること。

Qi(ワイヤレス)充電で変わること 従来のケーブル充電とQiの置き型充電で何が変わるか、そしていいところ悪いところをご紹介します。

「充電する」という感覚の排除

「充電をする」為にケーブルに繋ぐ。 ケーブルに繋いで充電しているから、移動できない。 そんな不便さを感じたことがあると思います。 ケーブルは、カバンの中ではぐちゃぐちゃになるし、 短いケーブルやとっても長いケーブルをシチュエーションによって揃えたり面倒がたくさんあります。 筆者が使う短いケーブルは10cm 主にモバイルバッテリー用です。   長いケーブルは3m ワイヤレス充電の環境を整えると、 「バッテリーが減ってきたから充電する」という感覚ではなく「常に充電器の上に置く」という習慣に変わります。 言い換えれば、「持ち運ぶ時だけ充電されていない」という 今までと逆の発想になります。 実際に筆者がQi生活をしていた時も、そのような状態でした。 iPhoneの充電は基本的にいつもMAXです。 ケーブルのことも考えなくていいし、カバンの中でぐちゃぐちゃに絡まるケーブルにうんざりすることもない。 (それでも辞めた理由は後述)

どこでも充電できる

スターバックスやマクドナルドの席にもQiベースが設置され、 図書館や公共施設にも設置されたら? わざわざ充電ケーブルやモバイルバッテリーを持ち歩く必要もない。 休憩ついでに充電。 サービス提供側も、ケーブルの取り回しが雑なユーザによってケーブルが断線したり ケーブル端子の規格を気にする必要がなくなります。

充電器そのものがインテリアになる

充電していないときの充電ケーブル(USBやLightning)は、だらしなさすぎますね。 いちいち片付けるのも面倒だし、片付ける為に束ねる行為がケーブル劣化を早めることになる。 そんな状況から、 玄関やリビング、寝室など、自分の行動範囲には常にQi対応の充電器が置かれるように変化していくと思います。 充電器が部屋のインテリアになるのなら、デザイン性にもこだわりたいところ。 Qiにはこんなおしゃれな製品もあります。

Qiの欠点、置き位置がシビアで充電できてない時も…

そうなんです。 iPhone8ではここがどう改善されているかどうか分かりませんが、 Qi製品は置き位置がかなりシビアな印象があります。 コイルの真ん中におかないとうまく充電できず、 そのため、少しずれたら充電できない、なんてことも多々ありました。 これ、最初は「真ん中におくことを気をつけてればいいだけ」と思っていても だんだんとストレスになってきます。 ケーブル充電の場合は充電できないなんてことはほとんどなく、 充電したはずができていないというストレスのことすら考えなかったからです。 しかし、Qiはそれがあり得る。 寝ている時に手が当たって少しずれたら充電できなかったり、 テキトーにパッと置いて「ポーン」とiPhoneの充電開始アラートが鳴ったにもかかわらず、 センサーとしては反応してるが、充電できる位置になかった、など いろいろと充電できていないことがありました。 最終的にこのストレスが積もりに積もって、Qi生活を辞めた理由の一つになりました。 しかし、あれから1年。精度が上がっていることに期待して、再チャレンジしようかと思います。

iPhone8じゃなくてもワイヤレスになる!

Lightning端子さえあれば、iPhone6、6s、plus、iPhone7でもワイヤレス充電になります。 それがこの製品。   これはLightningの端子対応レシーバーで、超薄型(1mmくらい)。 iPhoneケースの中に忍ばせるタイプの受信機です。 しかも、かなり厚めのケースでも使えます。 私は革製のケースを使っていましたが、それでもしっかりと充電できました。 他に、ケースにQiが内蔵されているものもあります。   ぜひお試しあれ!

iPhoneがQiを採用したことでもっと普及するかも

今まで、Qi(ワイヤレス)充電を採用したスマートフォンは数えるほどしかありませんでした。 また、それが故にQiベースを導入するお店も広まらなかった印象です。 ローソンやファミマが実験的に行ってはいたものの、あまり知られていないですね。 今回iPhoneがQiを採用したことで、他のスマートフォンへの採用も Qi充電器の設置場所も、少しずつ広まっていくのではないか、 そうやって普及していけば技術も上がっていき、単価も下がり、 もっと使いやすいようにアップデートが行われていく と期待しています。]]>